ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

2004年新築

Moden Asian style
house

detail
用途 : 住宅
構造 : 木造在来
規模 : 地上2階
延べ面積 : 139.24㎡

稲見建築設計事務所初のオール電化住宅。この住宅で蓄熱暖房機器を採用したことで色々と暖房を学ぶきっかけとなる。

アジアン家具や置物を新築後には飾りたいという意見と、無落雪による雪片付けのしやすい建物という要望により、雰囲気やカラーデザインをアジアン調にしつつも、フォルムはモダンなデザインにする工夫をしました。

外壁のヘーベルライトの採用で、この頃には木造在来ではなかった、省令準耐火にすることで火災保険の軽減や限りなく外壁のメンテナンスを減らす工夫をしています。