ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード
2009年新築

モダンにカントリー

detail
用途 : 住宅
構造 : 木造在来
規模 : 地上2階
延べ面積 : 139.94㎡

専用住宅では青森県初、日本でも採用事例がまだまだ少なかった輻射式冷房を採用した画期的な住宅です。

NEDOの助成を受けることで、当時の日本ではまだできない空冷ヒートポンプとストレージタンクの組み合わせにより、冬季の暖房エネルギーを減らすシステムを採用したり、熱交換率が90%以上という換気システムを採用して欧州の技術と日本独自の輻射式冷房をうまくマッチングさせた住宅です。

内装は、カントリー調を意識した空間で内装タイルを多く採用。オーダーキッチンにすることで、キッチンとその他空間の一体感が素晴らしいものとなっています。