ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード
2010年新築

刻を愉しむ家

detail
用途 : 住宅
構造 : 木造在来
規模 : 地上2階
延べ面積 : 135.80㎡

第3回あおもり産木造住宅コンテスト最優秀作品。

現在の稲見建築設計事務所の設計方針を確立した住宅です。
ほとんど合板を使わない徹底ぶりは、2階の赤松の床の下地に使った構造用合板以外は一切合板をつかうことはなく、全て杉、檜葉、赤松等等の県産無垢材で内装をコーディネート。

玄関には複数の樹種を使い木の色合いを楽しめる作りになっています。

階段の段板も青森県産材のタモを使い、ロートアイアンで作った階段であったり、ブナコのオリジナル照明をつくったりと青森産に徹底してこだわりました。

輻射式冷暖房は無垢の木に相性がよく、やさしい空間をつくりだし、車庫の上に作った2階からのウッドデッキスペースは、ルーバーによる目隠しを利用すれば、夏はまさに第二のリビングになります。