ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

見学会のご案内

西滝見学会

今年最初の見学会のご案内です。
青森県の県産材住宅バスツアーに選ばれ、NEDOの補助金を受け、長期優良住宅で補助金を受け、県産材エコポイントも満額もらえた、補助金をすべてとれるだけとった最強の住宅がとうとう見学会デビューとなります。
もらった補助金は、青森県の平均年収を超えております。
さらに、そこから税の優遇がうけられるので、還付される金額はまだまだ続くのです。末恐ろしい住宅です。
建設性能評価を取得しておりますので、長期優良住宅と図面上うたわれていながらあとかた、変更して手抜きされている住宅とちがい、リアル長期優良住宅、リアルエコ住宅です。

現時点での青森県で一番低炭素化な建築物だと断言いたします。CASBEE評価最高ランクのSランクですし、使っている物は半端ではありません。
サッシは 樹脂サッシ YKK APW330 にLow-eペアガラスアルゴンガス入 ですが、空気層は16mm 真空硝子やトリプルサッシには負けますが、ほぼ最高ランクのサッシです。
断熱材は壁はアキレスQ1ボード 36mmとアクリアウール 100mmのダブル断熱。天井はアキレスQ1ボード 100mm 基礎はアキレスQ1ボード80mmです。
こちらも次世代省エネルギー基準をゆうにうわまわる性能です。
それに、スウェーデン製の熱交換率90%以上の第一種換気とドイツ製ヒートポンプ、日立のエコキュート、暖房の配管は熱が逃げない三層アルミ配管・・・
と一つ一つでは、この建物より性能良いものを使っているところもあるでしょうが、この組み合わせは最強。
さらに、太陽集熱による、暖房と融雪の補助をするシステム・・・県産材を使った構造材、仕上げ材、ノンホルムの仕上げ材たちと体に無害なものをふんだんに使ったので、現時点での最強の低炭素化住宅です。ゆえに、NEDOで多額の補助金をだしていただきました。

さらに、幸か不幸か-5℃ちかい外気温での見学会を開催します。
断熱性能やヒートポンプの実力をみることができると思います。寒いのは百も承知でお願いいたします。

この建物の住環境の良さを体感しに来てください。