ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

報告と連絡と相談

報連相の徹底を呼びかけておりますが・・・
本当に、なかなか実行されません・・・うちでは、とあるシステムを使ってネット上で報告をさせたり、スケジュール管理をしております。

グループウェアというやつで、使いこなしている企業とのやりとりはすごくスムーズで、連絡もOK。
苦手な人もいるのですが、頑張ってやってもらっております。
もちろん、ファックスで連絡来るところもありますし、電話で一本先にくるところもあります。
報告しないと仕事は終了しないので、報告するくせをつけてほしいものです。
報告してくださいと怒ったら、仕事いらないって言う方もいますが・・・今後のビジネスでそれが通用するのでしょうか・・・

ウッドデッキ下地作り

ところかわって、弘前早稲田の現場は、ウッドデッキの土間を打っております。
早稲田の住宅では、換気扇の吸い込みが悪いかもと連絡来て様子を見に行っていました。
するとびっくり・・・土間のコンクリートを打設する下地をつくっていました・・・これはこれで・・・びっくり・・・

連絡がありません・・・たまたま、アフターできたから写真とれたものの・・・
いついつはいりますと一報ほしいものです・・・

ワイヤーメッシュ

結果良ければすべてよしなタイプではないので、報連相の徹底は必要なんですよ。

案の定、現場で相談を受けました。
納めにくい箇所をこうおさめたいと、たまたま私と、大寺さんが二人でアフターにいたので即答できましたが・・・

報連相は必須です。
やはり、守れない企業とチームを組むとどこかで支障をきたします。
嫌がられても徹底するので、かかわった業者さん私のためではなく、お施主様のため自分の会社のために徹底よろしく御願いいたします。