ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

雪で大変です

熱交換機が壊れています

現場が、春までないのでこの雪だし、デスクワークに専念できるかなぁなんて思っていた一月・・・そうは、問屋が卸さない・・・
アフターや暖房相談などであちこち動いております。

今年の雪は、数年ぶりに大雪もあり、雪害も増えていて、保険業者さんや施工業者さんとoB様や、相談を受けた方のところへいっております。

私も体が一つしかないので、場合によっては業者様の派遣のみのお客様もいますが・・・

進化する家は、ボイラーの初期不良で、熱交換ユニットが壊れて、ボイラーを無償で交換になりました。

新品ボイラー

寒い時期で、イーテックさんも大変だったと思います。

夜に、ボイラーがとまり、色々と工夫をして、農業用の手動ポンプをつかい、一時的にボイラーの圧力を上げて無理矢理運転をさせて、ボイラー入荷しだい交換という運びになりました。

建築士って何もしないで威張っているってイメージあるかもしれませんんし、アフターしないなど心ない噂を言われていたりしますが・・・

私は、このようにしっかりとアフターしますよ。夜にいけるときは夜にも行きます。
進化する家は、近所と言うこともあり、夜中に対応できたのはよかったです。ちなみに、配管漏れがないかなど床下に潜って床下を点検したり、うまっているボイラーを掘り起こしたりとしました。

今日は、青空が広がる家で、お客様が樋のオーバーフローを起こしてしまったらしく、屋根にのぼって雪かきをして、原因を確かめたり・・・

結構、肉体派建築士です。
建築士には労災はいらないと言われたことがあり、制度に文句を言って、建築士に建設組合で労災をかけられるようにした実績がありますが、結構危ないんですよ、きちんと監理したり、アフターしたら。

屋根には怖いのですが、結構のぼります。

換気扇の異常をなおしたりと、細かく動いております、現場に足蹴に通うのでまたいらない知識が増えていき、職人さん達を困らせると思います。
同時給排の故障の音での見分け方を覚えたので!!

また、プランと見積もりもこなしています。やっと半分こなした感じでしょうか。
近藤さんとお客様の要望の新暖房システムで頭を悩ましていたり・・・予算の調整で頭を悩ましています。

さらにさらに、来週の三連休から始まる「あおもり雪あかり祭り」のワ・ラッセの雪灯籠づくりの担当リーダーにもなっていて・・・

このまえ初めて、ワ・ラッセ行ってきました。他、会合などもいってちょっと色々計画中。

ゆっくり休むには、やりたいことが多すぎのようです。