ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

けんちくであそぼ

スタート

私が、青年委員長を務めている青森県建築士会青森支部・・・
青森市の夏祭りのねぶた以外は、積極的に青森市で開催されている祭にボランティアで参加しております。
会員の皆様には負担をかけているのかもしれませんが・・・私の方で、依頼されたら受けてしまっているので・・・

そして、年度初めは、毎年恒例となりました・・・合浦公園の桜祭りにあわせて、5月5日にやる祭で「けんちくであそぼ」を開催しています。

お客様1号

毎年少しずつ変更をかさね、タイル貼り体験や左官塗り体験をやっていまして、三年前に落書きクロス体験、ホモジニアスタイル貼り体験に切り替えました。

昨年度は、震災で準備不足で運良く三年前に、クロスメーカーさんの協力、床材メーカーさんの協力で入手した、クロスとホモジニアスタイルが余っていたので、そちらでなんとか開催にこぎ着けたのを記憶しております。
ただ、震災直後とあってあまり人がこなかったのが記憶になります。

そんな中今年も・・・エコのため余った材料での開催ができてしまう状況なのと、主要メンバーの結婚式後一週間たっての開催で、準備期間がかなりタイトだったので三年続けて同じ内容になってしまいました・・・申し訳ございません。

才能

あいにくの悪天候で、雨天中止?と不安がるメンバー・・・雨天でも決行すると私が決めて、写真のようにステージにテントをたて雨でも子供達が遊べるようにしました。
なので、いつもは2棟たてる木造ハウスも1棟で、ペーパークラフトコーナーも規模縮小。テントも二はりを一つと小さくしながら雨でもきてくれる子供達に遊んでもらうための対策をしました。

悪天候のため、最初の一時間は正直暇でした。ライバルの棒パンにも人がほとんどきていない状況でした。
なぜか、露店は人だくさん、子供がいない花見でした・・・

そこに。一人の少年が・・・タイルに絵を描きたいとやってきて・・・カレしかいないのでそのイラストを見てみると・・・

ねぶたです・・・うまいんです!!

じょうずね小学生とは思えない才能・・・ねぶた師めざしているようです。このタイル・・・ひょっとして貴重なタイルになっちゃうのかな?
サインもらっておけばよかった・・・
才能ってすごいね・・・

彼が何枚かタイルを家に貼り付けたおかげで、徐々に徐々に子供達が集まってきて・・・棒パンにも人が来だして、棒パンやり終えたら、タイルにお絵かきして、タイルを貼るという黄金パターンが復活して賑わい出しました。

ペーパークラフト町をつくろうとペーパークラフトもやっているのですが、今年は人気なし・・・いつもは、お父さんと子供達が熱心にやるのですけど・・・やっぱり天候に恵まれないと人では厳しいですね・・・

それでも、悪天候の割には多くの子供達がきてくれて、おじさんたちはタイルをきるのに四苦八苦。

感性。

そんななか、小学生低学年兄弟が来て・・・
おじさんじゃないよお兄さんだよといってくれて、ご満悦の委員長。一部、おじさんと言われていた人がいたのはご愛敬。
自分が、お兄さんと言われたことで満足しています・・・
メンバーのうち仮面ライダー側の人間とショッカー側の人間にも彼女たちはわけてくれて、私は仮面ライダー側にもはいったので一安心。
悪人面でないってことですね・・・

最終形いつもより、小規模になってしまいましたが、これにて完成です。

次は、合浦公園秋祭り!!さーてなにをやろうかな????