ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

カーポートだって建築物です

墨だし皆様知っていますか?カーポートだって物置だって立派な建築物なんですよ。
建築基準法をしっかりと守って、建築確認を提出して完了検査を受けないといけません。きちんと法律に従わないといけないんですよ。
監理者ということで監理もいかないといけませんし・・・
ということで、OB様のご実家のカーポート工事を大寺さんがうけて、私が設計監理しました(笑)

きちんと、建ぺい率、容積率、斜線制限、離れを守り計画。建ぺい率と離れ守っていないケースが多いですね。
あとは、守っていても確認をとっていないケース・・・今回あえてこの記事を書かせてもらったのは・・・こういうカーポート・物置を勝手にやってしまうお客様たちは悪気がないわけで、本来は受ける側が正しい知識を提供してあげないといけないのにされていない、まじめにやっている人達は損しちゃいけない!!ということで、きちんと皆様にカーポートや物置も建築確認申請をして、完了検査を受けましょうと、青森県や青森市の建築行政の方々の思いを私も感じ取っているので・・・
正しい知識をもってもらいたくてブログにかかせてもらいました。

ああ・・・でもって、悪天候の中に墨だしをしました。濡れているコンクリートにも書けるとうたわれているマジックで書いても墨がにじんでしまう状況の中、みんなで頑張りましたよ。
積雪荷重もしっかりと守り200cm対応のカーポートにしました。
建築士の鏡です!!と自画自賛。

基礎カーポートの脚にはコンクリートを巻きます。指定の大きさで穴を開けて、指定の深さまで差し込みます。
これがカーポートの基礎になります。

完成そして・・・コンクリートで柱を巻いて完成です。
本日無事に完了検査も合格。えらいぞ、稲見!!えらいぞ大寺!!そして・・・きちんと理解して検査まで受けてくださったお客様に感謝です。