ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

全国青年委員長会議

会議私は、稲見建築設計事務所の主宰という顔の他にいくつかの顔をもっております。
すまいのエコロジー展実行委員会の代表や、色々な委託先の検査員や講師などなど・・・その中の一つに青森県建築士会青森支部の青年委員長という顔もあります。
さて、その立場で色々なことに係わらせていただいております。その中で色々な会議にもだせていただいております。

今回は、そんな中で各県の若手の建築士の代表が一手に東京に集う、全国青年委員長会議なるものに参加させていただきました。
今回集まったのは、建築士会をもっともっと盛り上げるにはどうしたらよいのか?を議論するためです。

我々建築士会は不思議なのですが・・・医師会、弁護士会のように建築士免許をもったからといって強制加入しないと商売が出来ないという団体ではございません。なので、人によっては会費が無駄などを理由に所属しない方がほとんどです。
建築士事務所協会という場所のそうなのですが・・・設計事務所登録をしているからといって必ずしも入会しなくてもよいため登録しているところは非常に少ないです。

ただ、建築士法にはなるべく加入しましょうと書いていますし、私は医師会や弁護士会のようなスタイルであるべきだと強く考えている人間なので両方に所属しております。それが、免許を取得しその免許で商売をするための条件と思うからです。
私の考えがすべてではないので、一概に正とはいけないとは思いますが、建築士の地位向上を目指している当方としては建築士会や事務所協会に加入しないという考えをなくしていきたいわけなんですね・・・

ワークショップさてさて、そんな中全国各地の同年代の仲間はどのように考えているのかな?なんて思うわけです。
でも、意外とみんな同じように考えていて一生懸命やっている方々がいるわけです。そんな仲間達と二日間にわたり熱い議論を重ねたり、懇親会で懇親したりとスケジュールはびっちりでも充実した二日間をおくったわけです。

秘密そして・・・私が出した結論は・・・秘密です。
会員を増やすにはこれだ!!と思ったことをレポートしました。

こういう会議にはなかなか参加出来ませんが、同じ年代で各県を代表する仲間との話し合いは刺激になりました。

そして・・・

今月はさらに月末に東京に行きます・・・

今の私の能力をさらにアップするために二日間お休みをいただきます。伊礼智さんとお会いしてきます。外からの刺激がないと成長しません。
そして・・・本日の業界新聞にものりましたが・・・私初の公共工事の設計もやらせていただきます。
色々なことへの挑戦と刺激が新しい私をつくってくれることでしょう。