ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

けんちくであそぼ

今年も開催今年も開催。けんちくであそぼ。合浦公園で5月5日に開催する建築士会のイベントです。
子供達に建築をまなんで興味をもってもらおうと企画されました・・・私が担当者になってから何年経つでしょうか・・・というくらい長くやっているような・・・
7年目か8年目のイベントです。

そして・・・とうとう、念願の念願のあることがおきました!!

骨組み

左官体験やクロス貼り体験、タイル張り体験など色々な職種を体験させましたが・・・震災以降なかなか予算とメーカー協力が得られず尻すぼみの昨今、今回は日頃のがんばりで予算を多めに取得・・・今更ながらの大工体験を子供達にさせることになりました。

骨組みはいつものようにつくって、合板はり体験です。

カット子供達にのこぎり体験の案もありましたが、スタッフの人数がそろわないためそこは、プロの津川建築さんに頼むことにしました。
興味を持った、普段はデスクワークオンリーの中堤スタッフがチャレンジ。あまりにものへたっぷりに本人はへこんでいましたが・・・私が初めて丸鋸使ったときよりはるかに上手でした。へこむレベルでないのですけどね・・・

壁そしてとうとう、壁貼り体験。大きなホッチキス(タッカー)をもたせて子供達にはらせます。
そこでとうとうといとう、子供のなかの一人からこの言葉をききました。

「大工さんってすごいね。僕は大工さんになりたい!!」

けんちくであそぼは、建築士や大工さんなどの建築に係わる仕事に興味を持って欲しいというコンセプトではじめています。
苦節七年とうとう、やっと言われました・・・

「大工さんに俺はなる!!」

この一言で苦労もいっきに吹き飛びましました。

私も、「じゃぁ君が大工さんになったら、おじさんは君のために設計図書を書こう」と約束してしまいました。この子がいつか青森を代表する大工さんになれたらいいなぁ・・・
と・・・そのときお母様が・・・

「あ、こちら建築士会ということは皆様建築士?」

といいう質問に・・・

「はい、全員一級建築士です」と答えると・・・「建築士って頭良くないとなれないですよね・・・」とへこんでしまいました・・・
我々も「努力でなれますよ」とフォローしますが「うちのこ頭が悪いから大工さんだぁやっぱり」とのこと・・・

いえいえ、大工さんは納まりわからないとだけですし・・・決して頭が良いから建築士、頭が悪いから大工という図式ではありません・・・今は職人でも大卒の方増えていますし、やはり頭の良い悪い出なく努力しないと・・・どの職業も通じません。

なので、子供達には色々なことを体験してもらい、自分の進むべき道を決めて欲しいです。

ペーパークラフトそして、地味に人気のペーパークラフト。これって、ちゃんとつくれば街並みが出来るのですけど・・・初年度以外は街並みが出来たことがないという可哀想な企画・・・
今年も・・・案の定街並みが出来なかったのは言うまでもありません。

来年もまた、五月に開催しますので、未来の建築業をめざす諸君まっています!!