ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

外壁要注意

外壁凍害でふくれあがった外壁を補修しています。
なかなか、サイディングが当時と近い物を見付けられないで苦労しました。また、天候にやられて工期はのびのびです。

チェックポイントハウスメーカー名がはいっているために・・・大きな撮影での掲載が難しいのですが・・・
右側の換気扇のダクトのところの透湿防風シートが貼っていないのがわかると思います。いわゆる手抜きというやつです・・・
こいつが原因で雨水が中に侵入した可能性もあります。防水テープなどで隙間を埋めてながらでも、透湿防風シートをしっかりとはることが大切です。
職人さんの若手が透湿防風シートを水切れが悪いように貼ろうとしていたので、私が指摘してなおされたほどこの防水処理は大切なので・・・今回は、最初の不良は全て直せないまでも直せる範囲はなおしました。

また・・・恐ろしいことに透湿防風シートを縦に貼っています・・・これは、施工不良です。昔はよくやっていたことらしいのですけど・・・
私はこういうのを指摘しては、よく大工さんに怒鳴られたり、時には暴力的な嫌がらせを受けたりしていましたが・・・やはり、こういうことになってしまうことを考えるとあとから泣くのはお客様なんんだなと感じます・・・

コーキングやれる範囲はなおして、しっかりとコーキング。次は外壁塗装です。