ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

下北初!!低炭素住宅始動!!

鉄筋

下北初の低炭素住宅が始動しました。
認定番号第1号は気が引き締まります。しかも、むつ市も初めて、業者さんも住宅で組むのは初めてということで・・・
みんなでまめに連絡を取りながら仕事をしています。でも、お客様の引っ越しなどのご都合もあり人数をいれてのスピード工事です。

普段は、RCや鉄骨をやっている業者さんのためか、鉄筋の補強や養生期間などは一般の木造を主体としている業者さんと違い当たり前に対応で非常に助かりました。
こちらから指示しなくても温度補正も温度管理もしっかりとやってくれます。

基礎出来上がり

基礎もしっかりと完成です。ベースは非常にきれいに出来上がっていました。

基礎全景

基礎の全景です。今回はタームガードで無く、業者さんの取引の関係で外側に白蟻防止処理をした断熱材を使いました。
この断熱材以外と高くてびっくりしました。

土台敷き

むつ市でも当然、県産材です。土台はヒバ、大引はスギです。

躯体

プレカットは、当事務所御用達の「なかにし」さんに頼みました。
そのおかげでプレカットミスはなく、金物も細かく指示しなくてもしっかりと現場に納められて職人さんたちはやりやすかったと思います。

気密層

小屋裏はブローイングなので気密層をしかかりと確保するために合板をして張りし、その後すぐに気密シート厚さ0.2のものを採用。
束はしっかりと気密テープで処理しています。

配管

こちらは、暖房はヒートポンプのパネルヒーター、換気はディンプレックスのハイブリット換気です。
暖房はイーテックさんにもアドバイザーとして参加してもらい、大山設備さんが丁寧に丁寧に施工をしてくれているので青森のいつものチームと変わらない品質です。

気密処理

そして、ダイライトで耐力壁を確保し、JIOの躯体検査は合格です。その後、外張り断熱工事です。
しっかりと気密バンドを使って丁寧に施工しています。サッシにも気密バンドを処理しているので結構良い感じで気密がとれそうな感じです。

断熱材完成

屋根をかけて、断熱材をしっかりと貼って外回りの防水処理は完成です。
これで、雨も雪も怖くないです。ここまでは、かなりスピーディーにすすみましたが・・・ここからは、職人さんもたくさんある現場にわかれていくので進みがおそくなる感じです。

やっぱり、防水処理が終わるまでの期間は短くしたいというのは共通の認識ですね。

気密測定

そして・・・こちらの工務店さん人生初の気密測定・・・が・・・気密測定の当日きてみると・・・サッシ周りに気密テープがまだ間に合っていませんでした・・・
しかし・・・測定業者さんは岩手県からきているので・・・帰るというわけにはいきませんので・・・今の状態の気密をはかればテープ処理をするとよりよくなるので今の時点の気密をはかろう!!ということになりまして測定です。

その結果C値0.52ということで初めての施工にしては立派な値が出ました。しっかりと図面を書いて現場に監理に行ったかいがありました。
気密テープを処理したら確実に0.5はきれますね!!というレベルでしたが・・・職人魂に火がついたようで・・・
今できる範囲の穴は塞ごうと昼休み返上で隙間処理をしていました・・・これでまた一業者気密マニアを作ってしまったのかもしれません・・・