ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

ガイナでリフォームしよう!!

トイレ

 

新築より先に、新年度はリフォームが動き出しました。
正確には、昨年度いっぱいいっぱいで待ってもらっていた現場なのですが・・・ガイナの実験効果が事務所で発揮されたために、予算が大幅にダウン。

一部屋断熱改修が、2階全て断熱改修にかわりました!!
写真はトイレをはずしたところ・・・

ストーブはずし

ストーブをはずして、畳を起こしたり、既存の床を剥いだりしています。
この下に実験的に床下地材にガイナを塗ってみます。塗る部屋と塗らない部屋をつくりました。
天井壁には全ての部屋はガイナですが、床下地材にガイナを塗ることでどこまで下からの冷気を跳ね返すのか?という実験です。

これが成功すると床断熱などの断熱補強に使えますね。
あとは、車庫上の部屋の冷気止め。

お部屋すっきり

この唯一の穴が、水廻り工事の鍵を握る点検スペース・・・
この空間で全てがおさまるという計算ですが・・・予想以上に梁背が大きく難しそうです・・・

IMG_4468_174

一部屋だけは天井を壊してしまいました。
これで、電気配線をおこなったり新規の配管などの工事を行います。
さらに、ここはラミ天だったのでここにボードを貼ってガイナをぬります。
ここだけは、なるべくかっこうよく生まれ変わらせたい!!

柿渋

床材は、杉の無垢材を選びました。
空気層が多い杉は他の無垢材よりも暖かい空気を含めるため、床暖っぽくなります。
そこを利用して1階の冷気をガイナ+青森県産の杉でカバーという作戦です。
そして・・・いつもの蜜蝋ではなく・・・柿渋・・・

臭いの一言ですって・・・
ですってって他人事なのは・・・オオデラさんの工場で塗っているからで私はまだ臭いを嗅いでいないからです。私も手伝うと言ったは良いのですが・・・
色々と仕事があって手伝いに行けず・・・柿渋の臭いを体験していません・・・

設計事務所的リフォームなので、ただきれいにとかそういう風なだけでなく、少しは環境負荷を下げるとか、地元の材料を使うとかには貢献したいなと考えています。
地産地消と環境負荷低減・・・そして、ガイナによる美容と健康を意識したニュースタイルのリフォームです。