ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

築40年の想いをつなぐ・・・

築40年以上の建物を解体・・・
増改築を繰り返しているため状況はかなり悪い・・・

予想以上に使える材がなく、骨組みだけになってしまいました。

予想はしていましたが、お風呂のところは柱も腐っています。

給排水工事はやりなおすことに。電気工事も配線はすべてやりなおしです。

屋根は平屋にするので全て解体していましたが、2階床は仕上げに使う予定が使うことが出来ないので、構造用合板をはり剛性を高めて、それをあらわしの仕上げにすることに変更。

屋根は道路側に雪が落ちる勾配だったんので逆に勾配にかけ直し。

防水は今の基準でしっかりとやりました。

そして、壁の剛性をつよくするために、あんしんという構造用面材を使い耐震補強をしました。基礎は残念ながら予算の関係で無筋のままですが、平屋にして、壁もモルタルからガルバリウムなので建物の重量は相当軽くなったはず。

そして、梁なども痛んでいるところは補強していきます。

お客様は東京在住のため、水廻りは新宿のLIXILで打ち合わせ。東京のLIXILは青森と違い、時間ぴったりにおわるし、人が凄い・・・
毎日がイベント状態です。

そして、壁の防水もしっかりと今の基準で。

当初は断熱材をやめてガイナにしようかと計画ありましたが・・・使う予定の仕上げ材がほぼ撤去のため断熱材を入れ直します。

東京のお客様は冬はほとんど帰らないとのことで、大開口をトリプル硝子にした以外は、今回は珍しくペアガラス。

建具は造作と既製品をおりまぜてコスト削減。

碍子引きを使い塗装もして・・・
さて、完成が目の前です。