ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

型枠はずして、配管工事

きれいな基礎最近、温かかったので基礎の仕上がりもきれいです。
寒中コンクリートに温度補正して、AE剤混ぜて、早強ポルトランドにして、保温養生しながら、練炭たいてブルーシートかぶせて・・・
やりつくせるすべてのことをやったかいがありました。
天端ならしも申し分なし。

刷毛引きその後は、断熱材にはけ引きです。
シロアリ対策でしたまできちんと。1mmでも隙間があればシロアリは進入できるので、完璧ではないですが、やるとやらないとで全然違います。意外とやられていない行為です。

給水がんばりますそして、赤平設備のエース、よっしー!!
うちの専属にされています・・・かわいそうに・・・

排水配管こうやって、排水の配管をやっております。

暖房配管と給水配管基本的には土間転がしですが、コンクリートの叩きを機械室にうつので、そこだけ先行配管。
この収まりや使う材料について、よっしーや近藤さんとくどく話をしていました・・・
海外ではこうだよとか、この材料は高いけど、CO2の排出を抑えられるとか、経年劣化を防ぐとか、継ぎ手が不安とか、水は通さないけど酸素はとおるとか・・・くどくくどく話しております。

なんでって???コストをそのままでどの組み合わせがいいのかを悩んでいるからです。
安くていいものは存在しません。ただ、扱いやすさで工事費をさげるとか、組み合わせて材料費をさげるとかを考えようかなと。
そして、昨日は無事に終了。本日から埋め戻し・・・