ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

雨の日のスタート

気密パッキン

木工事第一日目が不幸にも雨・・・でも、職人さんたちは頑張って作業です。
私の方で、読みを外して・・・気密パッキン敷き詰めるのに10時はまわるなと思って、10時半に登場したら・・・すでに敷き詰めておりまして・・・
はじめて使うものだと伺っていたのですが、きちん施行されておりまして、無事に合格。
他、継ぎ手の確認などをして午前中は帰りました。

気密パッキン内側

内側の気密パッキンは、防湿シートなしのものを採用。
こちらも、なんなくしきつめておりました。
さらに、頃合い見てピコイさんがきて木部処理を土台にしていきました。

土台

土台は檜葉を採用。
座金は、座金彫りしないタイプの高めの金物を採用しております。

大引き

当事務所は杉でおこなう、土台は高森ホームさんはスプルスです。
これは、こちら側からの提案として今後は県産材杉でということで話を進めております。
理由は、展示場にきたときにお話ししますね。県産材の木材を使って行くことがいかに大切かってわかる結果が出ておりますので。

初日なので、2階床組で終了。
さて、明日は朝からチェックチェック。