ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

工事終了

LDK

本日をもって工事が99%終了しました。
あとは、ハウスクリーニングはいって、きれいに清掃をして、ブラインド関係つけて、内部コーキングして、畳入れておしまいです。

子供部屋

その間に、完了検査などの各検査を受けます。
電力の検査、水道の検査など検査を受けてGW前に引き渡しになります。

カウンター

天気も良くなってきたので、グリーンフォレストさんの外構工事も開始します。
見学会までに間に合うかはわかりませんが、間に合えば素敵な外構でお出迎えが出来ます。楽しみです。

階段

問題のブラケットも無事に納まり、完了検査は問題なく合格です。
厳しい私を悪魔という業者さんたちはたくさんいますが、たかがブラケットされどブラケット・・・これで完了検査が不合格になればお客様のお気持ちはどうなるでしょうか?入金が遅れる元請け業者さんが支払いに困っても、やいがいミスした商社はメーカーは容赦なく締め日でお金請求してきます。
多くの業者さんに私が嫌われるのが、この仕事の期日を守らせ、報連相を徹底させる・・・でも、やらない企業がほとんどのくせいに、お金の請求は締め日通りで、しかもミスしても謝罪もないくせに当たり前のように通常請求をしてきます。

もちろん、金額を通常請求するのはOKです。約束事なので仕事した分はしっかりとおもうのは筋道です。なので、ミスは直す、期日は守る、報連相は徹底するというわけです。

今、埼玉県で第三者監理業務の仕事も受けております。今は、図面のチェック段階ですが・・・
設計者が書いた図面通り施工者が見積もりをしているのか?をチェックしてしていないむね指摘をして2週間以上・・・まったく先に進まない状況続きで、私も依頼主もさすがに、厳しい突っ込みをしました。

結果は、設計者も施工者もなーなーで裏でうまくやっているのかの、無知っぷり(設計施工であるというのも悪い)で法律も、施工仕様も頭に入っていないので適当に今までやっていたのが露呈してしまったのが現状です。

今の青森県も同じことが多く言えると思っています。言う奴が悪いのでなく、なんで言われているのか?言われないようにするにはどうすればいいのか?を考えるとわかると思います。

寝室今回は、ブラケット以外は特に目立ったミスもなく順調にすすんだわけですが、ささいなブラケットで完了検査が不合格寸前にまで追い込まれたという事実は業者さんは理解をして反省をしてほしいです。

そんなブラケットを見ながら見学会を楽しんでください。
監理が徹底されている現場はどこに気を使っているのかを見るのも楽しい物だと思います。

諄い稲見、大寺が一生懸命接客いたしますのでよろしく御願いいたします。

21日土曜日 29日日曜日は 稲見は他の仕事の関係で、席をはずしている時間がありますので、直接ご指名の方は事前に連絡いただけましたら幸です。