ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

設計事務所的企画住宅173project-MODEL.S-

企画2段目第二弾MODEL.Sです。

こちらが、100㎡以下の青森市、弘前市、八戸市で中間検査がないタイプの住宅です。
約28坪です。家族3人をベースに考えています。LDKを20帖と広めにせっていしています。LDK15帖で上に部屋3つの家族4人バージョンも考えたのですが、LDKにゆとりもった展開の方がいいかなと考えて、水廻りを2階に持っていき広いLDKを実現しました。
基本性能は以下の通りでMODEL.Mとかわりません。

構造体は青森県産材、仕上げ材の多くは県産材最低でも、国産材。
建具は、国産材を使ってのフラッシュ建具で造作。
塗料は、小川耕太郎&百合子社の蜜蝋ワックスのみを採用。
玄関ドアは、YKK AP D2のヴェナートに電子錠付き。サッシも同じくYKK AP APW330で稲見建築設計事務所バージョンにしています。他社さんと少し違います。(同じ仕様のところもたまにありますけど)
水廻りは全てリクシルです。節水トイレ、キッチンは同時給排、IHクッキングヒーターとエコを意識した最低限はコーディネート。

断熱材は、高性能グラスウールを採用。透湿防風シートには、遮熱性能をもたせたものを採用しています。

基礎は基礎断熱で、天井断熱のロックウールは通常より少し厚めにブローイング。
防蟻処理は、5年保証付きで、タームガード+αを採用し、気密測定も行います。

耐力壁は、ダイライトを採用して断熱欠損をへらしております。
各種配管はサヤ管ヘッダー方式で、照明はLEDを中心に高効率蛍光灯でまとめています。
換気は熱交換率80%~90%くらいの第一種換気システムを採用予定、とってもエコです。調湿換気の採用でコストを調整するかもしれません。

内装は、壁がクロス、天井と床は国産杉板です。コスト削減のために天井と床材にはJパネルを採用。
東日本パワーファスニングのネダノットも採用しています!!
クロスはルノンの空気を洗う壁紙を採用し、クロスながら環境に優しいです。

外壁と屋根はガルバリウム鋼板を採用し、遮熱性能をアップさせています。
オオデラさんと相談して、気密材もしっかりと採用。気密材をはぶくことは一切しておりませんので、気密シート、気密テープだけでなく、気密パッキンもきちんと採用しています。

MODEL.M同様アップグレードオプション、ダウングレードオプションを用意していますので、多少の価格調整はできます。

今回は税抜き1730万円をオール電化のヒートポンプ低温水暖房でご提案。
28坪なので、ダウングレードで1600万円台の建物へ変化するような感じです。悔しいかな前回の40万円の差で実現できなかった、ご提案を3坪減らすことで提案可能とした住宅です。

こちらも図面販売をします。50万円ですが、図面はまだ書いておりません。
他に、あと一つのMODELを出す予定でしたが・・・あと二つだそうと思います。
一つは、MODEL.I このモデルは私がスタンダードプランとして考えているものです。でも、ちょっと遊び心を入れようか悩んでいます。32坪になりますが、MODEL.Mと同じ価格、同じグレードになる予定です。1730万円で灯油の低温水ベース。
部とまりがよいぶん、1坪の面積アップを吸収する考えです。発表が一番遅くなります。

次の発表は・・・突然、業者さんと話していて浮かんだMODEL.Tです。
こちらは、特別仕様バージョンにして、限定何棟ときめるか、1年間限定などを決めて通常の企画住宅よりお得感だして提案しようと思っています。
図面販売価格がかなりお得にする考えです。
あくまでもこちらの企画は予定なので、見積もりしてだめだったら価格を1730万円より上にしてご提案になり、図面販売メインの商品になるかもしれません。すでに、図面販売用の図面も矩計図と電気図面以外は完成しております。楽しみにおまちくださいね。