ツイッターへ
facebookへ
グーグルプラスへ
RSSフィード

第5回あおもり産木造住宅コンテスト

優秀賞

本日、第5回あおもり産木造住宅コンテストの結果が発表されました。
最優秀賞は、岩木建設さん。
当事務所は、優秀賞を受賞することができました。ありがとうございます。津軽地区では、県木住さんの特別賞とふくめ二業者の受賞です。
同じく優秀賞に1952HINOKIYA一級建築士事務所さんも受賞、おめでとうございます。12日に県庁で授賞式です。
県産材で住宅をお考えの皆様、よろしくお願いいたします。

私の住宅は、他の受賞作品と異なり県産材使用の住宅としてこてこてに木材を魅せません。見ての通り、外壁はガルバリウムですしね。
県産材をこてこてにわないで、県産材を普通の家として魅せるのがコンセプトで、邪道と言われるように木肌の色をそのままみせることもあれば、着色することも。モダンに魅せることに抵抗はありません。こういう県産材住宅もあってもいいかなと思って、積極的に県産材採用に努めています。

今回は、惜しくもの優秀賞で、最優秀賞に一歩届きませんでしたが・・・コンペにだすようになりコンスタントに受賞出来ていることは嬉しい限りです。

春着工に向けて色々とお考えの皆様、青森県産材を使いたい方はもちろん、モダンな建物に県産材は無理とお考えのあなた是非ご相談を。
そして・・・春には、断熱や暖房に大きな影響を与える制度ができます。今までの、蓄熱系オール電化住宅を検討している方々は検討するのをやめましょう!!

そういう提案をしてくる業者に疑問を持ちましょう。

新築後数年はいいかもしれませんが・・・住宅は30年以上付き合う物です。消費税値上げ前の駆け込み需要の年と言われている今年。
あせらないで、お願いする業者を選びましょう。ご相談はお気軽にお申し付けください。

さて、週末は図面書きです。